アラサーにおススメのマイルド妊活

20代後半で結婚したものの夫婦ともに忙しく妊活を先送りにしていましたしかし周囲の出産ラッシュに後押しされたこともあり真面目に妊活を始めました

とはいえ不妊治療に通う程の時間がなかったので働きながらもできる食生活や生活習慣の改善などマイルドな妊活に挑戦しました具体的には冷え性改善のため生姜シロップを紅茶に入れたり入浴時には粗塩と日本酒を入れて血流を良くする工夫をしました

代謝が低下していたので就寝前にはDVDのヨガで軽くストレッチをしてから眠るようにしましたこれらはストレスケアにも役立ったと思います

不妊サプリ

食事面では根菜を温野菜にしたものや葉酸を多く含む小松菜やほうれん草のおひたしをよく作りました簡単に準備できるので仕事で疲れていても継続して摂取できたと思います食後には葉酸とビタミン系のサプリも併用して服用しました基礎体温の計測は毎朝同じ時刻に計測し自分の生理周期を確認していましたが食生活や生活習慣の改善が進むにつれ周期も整ってきたような気がします

実際妊娠までは半年ほどかかりました不妊治療の病院に通院するよりはストレスも少なく妊娠に至ることができたと思います

妊活を意識し始めて、漢方を始めました

10代後半からずっと生理痛が重く、特に生理二日目はお腹の鈍痛と貧血による頭痛で寝込むこともたびたびありました。32歳で結婚したのですが、30代以 降はだんだんと妊娠する力が低下してくると知って婚活中から対策を考えていました。漢方で生理痛の緩和、体質改善ができるということを知り、漢方内科・循 環器科の病院に相談にいってみました。
やはり生理痛がひどいということは不妊につながる可能性があるということだったので体質に合わせて芍薬甘草湯をすすめられました。ツムラの68番を処方さ れましたがこちらは一包ずつ小分けになっている粒状の漢方です。くさみがあって飲みやすいとは言えませんでしたが一日三回、食後に飲み続けました。
生薬とは違って外出時にも使いやすく、会社でも給湯室でお湯に溶かして飲んでいました。においがするのでその場で一気に飲み干す必要がありますが、手軽で よいと思いました。高価の高い生薬を煮出して飲むタイプの本格的な漢方を処方してもらったことがあるのですが、煮出すときのにおいがきつく、味もくさみが あって飲みにくかったです。そこでもう一度ツムラのほうに変えて2年ほど飲み続けました。飲み続けるうちに長年の悩みだった冷え性がなくなりました。手足 などの末端やお腹、胸など体の中心も冷たかったのですが、ツムラを飲み始めてからは体の芯からぽかぽかと体が温まり、若干火照るような感じになりました。 また、生理痛も改善して動けないほどの痛みはまったくなくなりました。その効果か結婚後、妊活をし始めて2か月後には早々に妊娠することができました。

35歳、専業主婦。頑張って不妊治療中!

もうすぐ結婚丸四年。中々授かれません。
結婚後、早く赤ちゃんが欲しかった私は早々に婦人科を受診しました。その結果なんと、子宮内膜ポリープ発見!1泊の入院、手術を経て自己流で妊活始めました。
しかーし、中々授かることができず、婦人科へ通うことになりました。
最初の1年はタイミングを見てもらい妊娠を目指すも授かれず‥、当時の先生から男性不妊を考えて他の病院を提案される始末。有難いことに夫が前向きに考えてくれていたおかげでスムーズに男性不妊も診てもらえる病院へ思い切って転院することができました。
夫の検査の結果、精子の運動率が悪いことが判明!妊活を始めて1年経過しての発見となりました。この時、もっと早く男性不妊も診てもらえる所に行けば良かったと思ったことを覚えています。
数値が悪かったため、転院して早々に人工授精スタート!しかし途中無排卵の月もあったり中々スムーズに行きません。計6回くらいの人工授精が撃沈し、次へ のステップアップを考えました。当時、婦人科への通院と併せて漢方薬局にも通ってました。ステップアップを決めた時、そこの先生におすすめの病院を紹介さ れ思い切って更に転院!現在そこの病院で体外受精に挑戦中です!
キリよく4月から体外受精に挑戦。怯えていた無麻酔採卵も無事乗り越え一回の移植で何と妊娠することに!けれども胎嚢確認後に残念な結果になってしまいました。現在、次の移植へ向けて体調を整えている所です。

結婚当初、夫はエッチすればいつでも赤ちゃんはできると思っていたレベル。中々授かれず悩む私を心配に思い、夫なりに勉強をしてくれ、不妊治療にも前向き に考え協力をしてくれています。そんな夫に本当に感謝しています。いつの日か、こんな旦那さんをパパにできる日を夢見て、私にしか出来ない役目の治療を頑 張りたいと思います。
今年で36歳!必ず赤ちゃんを産んで親子で川の字でお昼寝をする夢が叶いますように!

三人目不妊とはいったい何かと原因と対策について

一人目と二人目は、難無く懐妊できたのに、三人目はなかなか懐妊できない場合に「三人目不妊」と言われたりします。この手の苦悩は想像以上に多く、これまでの妊娠が円滑にできていたからこそ、「そのうち妊娠するだろう」と考えてしまい処置が遅れてしまいがちです。

三人目不妊の場合は、妊娠するための機能が低下して不妊症になることもあれば、それ以外の誘因で妊娠しづらくなっていることもあり、それぞれにあった措置が須要です。

三人目不妊の原因には、

●パパやママの高齢化→女性も男性も妊娠するための体の機能が衰え始めたり、精子の老化が進行します。
●環境の変動→すでに二人の子供がいると、子育てで生活がハードになり、性行為の回数が低減し妊娠率が下がります。
●ストレスのインパクト→ストレスは生殖機能に悪影響を与え、そして育児や仕事などのストレスが三人目不妊の誘因になったりします。
●不妊症→今までは平気だったとしても、三人目の妊娠を願った瞬間に不妊症になっていることもありえます。子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の病気がきっかけだったり、過剰ストレスのインパクトにより排卵障害などを惹起することもあります。

といったものがあります。

また、三人目不妊を防止するための対策としては、

● 妊娠プランを立てる→三人目の妊娠を望むなら、妊娠プランをきちんとと立てましょう。子供の年齢差などを考慮して三人目はいつまでに妊娠しなければならな いかを逆算します。基礎体温を測定したり生理周期に沿って、毎月計画的に性交渉を持つことが大事です。加齢するほど妊娠する確率が低下するので早めに行動 しましょう。
●妊娠しやすい体を作る→三人目の妊娠を願うなら妊娠しやすい体づくりを頑張りましょう。睡眠時間をたっぷりとったり、栄養バランスのとれた食事の摂取、軽いスポーツ、ストレス、冷え対策などに勤めましょう。
●性行為の回数を増やす→排卵日が近づいて来た時に性行為の回数を増やすことで妊娠率を高められます。夫婦で協力しあいましょう。

といったものがあります。